―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

釣り名人はうかつに侮らない

あなたが思う「台風」と、多くの人が感じている「野菜ジュース」は、もしかするとまるっきり違うかもしれない。そう思うと、なんだか不思議だね。
トップページ >

ページの先頭へ

のめり込んで吠える彼と僕

少し前の猛暑、クーラーの効いた部屋の中で冷たい飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必須だと思いついたから。
乾燥した部屋で、薄着、さらに炭酸飲料にハーゲンダッツなど。
だから、健康だと実感していた暑さ対策。
すると、その年の冬に、前年度よりもさらに冷えを感じることが多くなった。
部屋の外に出る業務がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎてなるべく部屋から出れないという状況。
なので、きっと、夏の生活習慣は真冬の体調管理にもつながると考えられる。
十分に栄養を摂取し、偏りのない食生活を心がけるのがベストだと思う。

風の強い週末の早朝に目を閉じて
まだまだ社会に出てすぐの頃、知識がなく、そこそこ大きな厄介なことを起こしてしまった。
罪悪感を持つことはないと言ってくれたお客さんたちに、挽回の方法も考え出せず、涙が出てきた。
若いお客さんが、高そうなラテをどうぞ、と言いながらくれた。
ミスって2個も注文しちゃったんだよね、と言って違う種類の飲み物2つ。
ノッポで細くてとても親切そうな雰囲気をもっていた若い人。
嬉しかったな、と思う。

熱中してダンスする妹と横殴りの雪

子とのコミュニケーションをすると、子供はものすごく私につきまとってくれるようになる。
2歳近くまで、会社の業務がものすごくめまぐるしく、見ることが少なかったため、まれにふれあっても近寄ってくれなかった。
実の父なんだけどとやるせない心もちだったが、仕事の業務があわただしいからとあきらめずに、定期的に、休みの日にお散歩に連れ歩くようにした、抱きしめても、お風呂に入れても泣かれないようになった。
今日この頃、出勤で車に行く時、私が行くことが寂しくて涙を流してくれるのがほほがゆるむ。

気どりながらお喋りする父さんと草原
明日香は、大学ですぐ仲良しになった友達だ。
明日香ちゃんの魅力的なところは、可愛くて、細かい事は気にしないところ。
私から親しくなりたいと言ってきたようだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
一緒に過ごせば、ほとんどの事が小さくなるので、とても心が軽くなる。
痩せてて華奢なのに、夜、おなかがすいてハンバーガーを注文しに行ったりするという。

ひんやりした仏滅の明け方に座ったままで

あんまり、ドラマは見ないけれど、近頃、それでも、生きていくを録画してから視聴している。
犯人側の両親と妹と殺された小さな子の親兄弟が会うことになってという流れで、普通はありえない話だ。
殺された小さな子の親兄弟と殺人犯側の親兄弟のどちらの家族も悲しい話がえがかれている。
流れの中身はめちゃめちゃ暗いと思うけれど、しかし、色づかいはきれいな雰囲気にされている。
花や自然の映像が非常に多用されていて、牧歌的というのかきれいな映像が非常に多い。
今後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

控え目に自転車をこぐ家族と夕立
最近まで皆目存在を知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツなるものが販売されていた。
都会では、水用オムツ着用で入れる所と入らせてくれない所があり、場所によって違うらしい。
おそらく、プールに入っている人から見れば、プール用でも大便など中に存在しているオムツで水に入られたら、いい気持ちはしない。
だけど、しかし、親としては、プールにいれてあげたいという気持ちもある。
ただ、逆の立場だとしたらとってもいやだ。

陽の見えない土曜の午前に昔を思い出す

とある真夏の午後。
少年は外で、アリの行列が虫の死体を運んでいるところをまじまじと見ていた。
蟻たちはせっせと動き回っているのだが、虫の死骸一つでこんなに大量の蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年は不思議に思った。
少年は、アリ達を指ではじいたらどうなるかな、という好奇心に駆られた。
でも、今日はじっくりと黙って見守ることにした。
暑い夏の日なので、少年の汗が顔中からあふれ、雫となってアリの行列のそばに落ちた。

蒸し暑い火曜の夜明けに友人と
南九州に引っ越してみて、墓前に毎日、花をしている方々が多いということに驚嘆した。
年配の女の人は、いつも毎日、霊前に草花をしていないと、周辺の主婦の目が気にかかるらしい。
いつも、菊をしているから、月々の花代もめちゃめちゃばかにならないらしい。
連日、隣近所の50〜60代の奥さんは霊前に集まって草花をあげながら、会話もしていて、霊前の不吉な空気はなく、さながら、人の集まる児童公園みたいに明るい空気だ。

湿気の多い週末の夕方はシャワーを

チカコとNYのAbercrombie & Fitchに入店した。
私たちはアバクロンビーのカジュアルなコーディネイトがお気に入り。
そして、入った時の高級感と、香水の匂いが。
2時間程うろうろして、アバクロンビー&フィッチを後にした。
気付いたら、私が道を占領して歩いていたので、ごめんなさいと言って振り返る。
そういえば、店にいたお兄さん。
笑いながら、いえいえ、と言っていた。
目についたのは、彼の荷物。
アバクロンビー&フィッチでどんだけ買い物したの?って疑問が生じた。
その後、スターバックスでチカコとそのお兄さんの収入予測で話が弾んだ。
アンサーは謎のままだけど。

雹が降った週末の晩に食事を
暑い季節はビールがめっちゃおいしいけれど、最近そんなには飲まなくなった。
新入社員の頃は、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日にお酒が残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃は大変あこがれ、行くことがすごく楽しみだったけれど、仕事の関係でうんざりするほど行って、自分のイメージの中では、現在、印象が悪い。
けれど、取引会社との付き合いの関わりでたいそう久しぶりにビアガーデンに行った。
とても久々にうまかったけれど、テンションが上がって大変アルコールを飲みすぎて、やっぱり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

サイトカテゴリ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 釣り名人はうかつに侮らない All rights reserved.