―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

釣り名人はうかつに侮らない

ねえみんな、「奇術師」に関して考えてみようよ。さほど敬遠するようなことじゃない気がするんだ、「生徒」の特色って。
トップページ >

ページの先頭へ

雲の無い土曜の午前に立ちっぱなしで

鹿児島の50〜60代の主婦の方は、いつも、献花を霊前にあげているから、そのために、生花が一杯必要で、切り花農家も多い。
夜半、バイクで飛ばしていると、菊の為ののライトがしょっちゅう夜半、バイクで飛ばしていると、菊の為ののライトがしょっちゅう目撃する。
住家の電灯は非常に少ない町だけれど、電照菊光源は頻繁に目に触れる。
菊の栽培電灯はしきりに目についても人の往来はとってもほんの少しで街灯の光もめっちゃわずかで、危ないので、学生など、駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。

余裕で歌う友達と冷たい雨
社員で就いていた時の先輩は、親が社長で、誰が見てもセレブそのものだった。
小さな体で愛嬌があってハイテンションで、動物愛護の先輩。
動物愛護サークルなど立ち上げて、それなりに活躍を行っている様子。
革を使用しない、お肉食べない、動物実験反対。
ちょっと前に、ご実家に訪れたことがあった。
一等地にある上等なマンションで、六本木ヒルズが見える。
先輩は、可愛くて上品な白い猫と一緒に住んでいた。

笑顔で泳ぐ彼女と壊れた自動販売機

出張の暇つぶしに、星の王子様ミュージアムに行ってから、あの静けさに病みつきだ。
思ってもいなかったのは、単独でゆっくり見にきている方も少なくなかったこと。
なのでわたしも、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、企画展が非常にそれ以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、期間限定の展示がすごく横須賀美術館は、可愛い谷内六郎の作品の展示が多数ある。
どんな人かと言えば、あの週刊新潮の表紙絵の作家さんだ。
他にも、日光にある、竹久夢二美術館でたくさん絵葉書を購入したことも。
このように、絵には常に素敵な時間を貰っている。

雲の無い大安の明け方は熱燗を
このようにインターネットが必需品になることは、当時子供だった私は全く予想できていなかった。
物を扱う業界はこれより先競争が激化するのではないかと思う。
ネットを使用し、できるだけ安価な物を探すことが難しくないから。
レースが盛んになったところでここ最近よく目立つようになったのが成功のためのセミナーや情報商材だ。
もう、手段が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段が目的になってしてしまいそうだ。

笑顔で跳ねる君とよく冷えたビール

その日は、京都や奈良に働きに出かけた。
この辺りはかなりあつい!
Vネックのカットソーの上から、スーツのジャケット。
汗だくになりすぎて、上着の背広は凄い事に。
ビジネスホテルに入って、上着をBODY SHOPの洗顔で綺麗にした。
乾いたらそのジャケットはオレンジの香りが続いた。
上着が痛むのではないかと気になったけれど、それでも洗った方が良いと心に決めていた。

凍えそうな月曜の午前に足を伸ばして
江國香織さんのストーリーに出てくるヒロインは、陰と陽を潜めていると思う。
不倫をそこまで責めない。
けれど、心底愛しているのは旦那様だけのただ一人。
そんな女性が多く見られるような気がしませんか。
不貞行為を陰だと思えば、本命は陽。
たまにスイッチが入ったように陰が出てくる。
不倫に対する価値観はシカトして、その女の人をしっかりみつめる。
私の中に新しい恋や価値観が現れることもありえる。

無我夢中で口笛を吹くあの子と公園の噴水

油絵や写真など美術が結構好きだし、デッサンも描けるのに、写真撮影がとても下手だ。
それでも、前は一丁前に、ソニーの一眼を大切にしていた時期もあって、絶対に持ち歩いたりした。
笑えるほどピントが合わないし、センスのない配置なので、一眼レフが説教してきそうだった。
けれど、撮影や加工はやっぱりクールだと感じる芸術だ!

喜んでお喋りする君と冷めた夕飯
「富士には月見草がよく似合う」と言う名言を表したのは文豪の太宰だ。
彼は、バスに乗車し、御坂を越え、今の甲府市へ向かうところだった。
そこで偶然にも乗り合わせたお婆ちゃんが「あら、月見草」と独り言を言う。
そこで、反応した太宰治の視界に見えたのが月見草、その隣に名峰富士である。
富岳百景に記されたのこの話は、日本一の名山を話すときに欠かせないと思う。
多くの文芸作品にも登場する、3776mの名山だ。
どの場所から見ても同じく、綺麗な形をしているために、八面玲瓏という表し方がぴったりだと口にされる。
その通りだと思う。
私が大好きなのは、冬景色の中の名山、富士山だ。

騒がしく叫ぶ妹と電子レンジ

興味はほとんどなかったけれど、筋トレもある程度でも取り組まなくてはと此の程考える。
会社が変化したからか、このごろ、歩く事がとても少なくなり、体脂肪率がめっちゃ上がった。
それに加えて、年も関係しているかもしれないが、腹にぶよぶよと脂肪が醜くついていて、とてもみっともない。
わずかでも、スポーツしないとだめだ。

雪の降る大安の夕暮れは焼酎を
アパレル屋さんって私には無理・・・と思うのは私だけだろうか。
出勤の度に、徹底的に着飾らないと店のイメージにつながる。
私なんて、出張で仕事する時はスーツを着ればOKだし、メイクもシンプルでOKとされる。
休みの日も、自分が満足するファッションを纏えばいいし、自宅で何かをするときはTシャツにジーンズで問題ない。
このことから、きっと、服を売るなんて商売には、関われない。
ショップに入ると店員さんが話しかけてきて流行や合わせ方を語ってくれる。
どうしてもそれに固まってしまい、買わずに去ってしまう。
これも、店員さんって務まらなさそうと思う大きな理由の一つだ。

サイトカテゴリ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 釣り名人はうかつに侮らない All rights reserved.